「戦争乗り越え今が」 山城幸子さんカジマヤー祝う

カジマヤー祝いのパレードで笑顔を見せる山城幸子さん(左)と長女の辻野ヒロ子さん=2日午前、平得

 石垣市平得の山城幸子さんが数え97歳のカジマヤーを迎え、2日、平得地域内で車両パレードが行われた。生まれた時から平得に住み続けて娘4人を育て、孫14人、ひ孫15人に恵まれた山城さんは「戦争を乗り越え、この年まで長らえた。大変喜んでいます」と笑顔を見せた。
 1923年9月20日生まれ。夫の故・清有さんも平得出身で、第二次大戦で出征した。43年に除隊後の清有さんと島内の避難所で結婚。戦後は夫と農業を営み、婦人会活動などを通じて地域発展に尽力した。4年前には清有さんもカジマヤーを祝った。元県議の辻野ヒロ子さん(74)は長女。
 娘4人はいずれも島内に嫁ぎ、いつでも会える距離に住む。「娘たちが近くにいるので、おいしいものを持ってきてくれたり、ゆんたく(おしゃべり)できる。とても楽しい生活を送っている」と表情をほころばせる。体は丈夫で、現在はデイサービスに通っている。
 この日は朝から小雨が降るあいにくの天候となったが、大勢の住民が山城さんが乗る車両近くに集まり、祝福した。婦人会は舞踊を披露した。辻野さんは「厳しい父、母に育まれ、今、精一杯頑張っている」と両親に感謝した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…
  2. 石垣市名蔵に住む上地正人さん(63)とルミ子さん(同)夫妻は毎週土曜日の朝、名蔵の自宅前で地域の農家…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域を航行してい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る