駅伝通し新春祝う スポーツで地域住民交流 大浜公民館

新春駅伝大会でタスキをつなぐランナー。小雨の中、新春レースが行われた=1日、大浜公民館前

第43回新春駅伝記念大会(主催・大浜陸上愛好会、大浜公民館)が年明けの1日、同公民館前を発着点として開かれ、地域住民が駅伝を通して新春を祝った。
 同大会の開会式は午前8時に開始。長浜信夫大会長は「無理せず楽しく最後まで、タスキを渡してゴールして下さい。笑顔で走って、交流・親睦を深めてほしい」と主催者あいさつ。福島英和公民館長は「力を合わせて完走してほしい」と選手を激励した。
 レースは午前9時前にスタート。コースは公民館から大浜小学校などを巡る一周750㍍。8人で8周するものとなる。壮年の部と同小学校の少年団チーム、一般の部でそれぞれレースが行われた。
 小雨が降るなか、集まった住民たちはレースに一喜一憂し、完走者に拍手を送った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「118番の日」にちなみ石垣海上保安部(増田克樹部長)は18日午後、FMいしがきサンサンラジオに出…
  2.  離島ならではの旅情が人気の竹富町内の小規模な民宿や旅館が、コロナ禍で厳しい現実に直面している。臨時…
  3. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…
ページ上部へ戻る