園芸野菜を初出荷 拠点産地化へ意気込み

園芸野菜の初荷式が行われ、万歳三唱でトラックを見送った=8日、磯辺集荷場

 JAおきなわ八重山地区園芸協議会(兼浜秀雄会長)が8日、磯辺集荷場で2019年の初荷式を開き、オクラ、ゴーヤーなど875㌔を県内外の市場へ出荷した。集まった関係者は万歳三唱でトラックを見送った。関係者はカボチャ、ゴーヤーの「拠点産地化を」など新年の目標を掲げた。
 今年は正月休みを待たずに2日からゴーヤー、3日からインゲン、ピーマンなどの荷受けがあった。今年度の出荷計画はゴーヤー㌧、インゲン6㌧、オクラ110㌧、カボチャ220㌧などで総出荷量は396㌧。花卉類は120万本を計画している。
 兼浜会長は「品質、値段の安定が農家にとって良い結果として跳ね返る」「カボチャ、ゴーヤーはすぐにでも拠点産地になれる。希望を持って拠点産地化を目指そう」など主催者あいさつした。
 各機関の代表者があいさつした後、出荷用トラック3台を酒と塩で清めた。その後、全員で出荷を見送った。初荷式は昨年より2日早い開催。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る