県新人バスケ大会で優勝 玉城中、瑞慶覧市長に報告

優勝報告を行った玉城中学男子バスケチームの生徒らと関係者。瑞慶覧市長(写真前列中央)は終始にこやかに話し、生徒らを激励した=8日、南城市役所

 昨年末に行われた第53回県中学校新人バスケットボール選手権大会で優勝した南城市立玉城中の男子バスケチームが8日、市庁舎に瑞慶覧長敏市長を訪ね、優勝報告を行った。顧問の下地貴之教諭は「九州大会でも優勝を目指して頑張りたい」と語り、瑞慶覧市長は「頼もしい」とたたえた。
 3年生が引退し、2年生を中心としたチームが競う大会で、堂々の優勝。生徒らは、夏休みなどで走りこみを行い、体力面を強化。身長が高い選手が多く、攻守のバランスがとれたチームだと関係者の評価も高い。県選抜へ3人の生徒が選ばれるなど、将来有望な選手もいる。
 今月にも地区の新人大会があり、2月には九州派遣がかかる選抜優勝大会がある。今回の優勝で同大会への出場は決まっている。
 生徒らが3年生になる来年度にも期待がかかる。県大会で準優勝し、九州大会でも3位までに入ると全国大会に進める。「可能性は高い」と関係者も期待を込める。
 キャプテンの宮平健太郎君(14)は「もっとディフェンスを上達させたい。走るチームなので体力を上げたい」とチーム強化の目標を語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る