県新人バスケ大会で優勝 玉城中、瑞慶覧市長に報告

優勝報告を行った玉城中学男子バスケチームの生徒らと関係者。瑞慶覧市長(写真前列中央)は終始にこやかに話し、生徒らを激励した=8日、南城市役所

 昨年末に行われた第53回県中学校新人バスケットボール選手権大会で優勝した南城市立玉城中の男子バスケチームが8日、市庁舎に瑞慶覧長敏市長を訪ね、優勝報告を行った。顧問の下地貴之教諭は「九州大会でも優勝を目指して頑張りたい」と語り、瑞慶覧市長は「頼もしい」とたたえた。
 3年生が引退し、2年生を中心としたチームが競う大会で、堂々の優勝。生徒らは、夏休みなどで走りこみを行い、体力面を強化。身長が高い選手が多く、攻守のバランスがとれたチームだと関係者の評価も高い。県選抜へ3人の生徒が選ばれるなど、将来有望な選手もいる。
 今月にも地区の新人大会があり、2月には九州派遣がかかる選抜優勝大会がある。今回の優勝で同大会への出場は決まっている。
 生徒らが3年生になる来年度にも期待がかかる。県大会で準優勝し、九州大会でも3位までに入ると全国大会に進める。「可能性は高い」と関係者も期待を込める。
 キャプテンの宮平健太郎君(14)は「もっとディフェンスを上達させたい。走るチームなので体力を上げたい」とチーム強化の目標を語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言が出るなど、沖縄の状況も日々悪化している。…
  3.  会うたびに「おれのこと好きか」「あたしのこと愛しているの」と気持ちを確かめ合うカップル。ほほえまし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る