陸自ヘリが「編隊飛行」 恒例の年頭飛行訓練実施

飛行中のヘリコプター=9日、那覇周辺空域

 陸上自衛隊第15ヘリコプター隊(隊長・坂本貴宏一等陸佐)は9日、2019年の航空安全を祈願する年始恒例の年頭編隊飛行訓練を行い、機体同士の間隔を保って飛ぶ「編隊飛行」を披露した。今回の訓練には、坂本隊長以下36人の隊員のほか、一般参加者23人が集まった。坂本隊長は訓練開始式で「今日は普段お見せできない訓練を皆さまに見ていただく貴重な機会だ。最後まで妥協することなく、厳しい訓練をしてほしい。今年も航空安全を大前提としつつ、県民・国民の期待に応えられるよう、南西防衛などの任務を隊員みんなで頑張っていこう」とげきを飛ばした。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の海上警備を担当する中国海警局(海警)のトップに、中国海軍で東シナ海を管轄する東海…
ページ上部へ戻る