宮古新報でセクハラ行為 社長、会社清算通告も

 新聞労連は10日、宮古島市で日刊紙を発行する「宮古新報」で、80代の男性社長による社員へのセクハラ、パワハラ行為があったと明らかにした。労働組合が是正を訴えていたが、9日に「10日の業務をもって会社清算する」と通告されたという。労連は通告撤回とハラスメント行為への説明を求めている。同社は電話取材に「社長がいないのでコメントしようがない」としている。
 労連によると、2010年ごろから、女性社員の体を触るセクハラや、男性社員の胸ぐらをつかむなどの行為が続いた。労組が問題視したが改善されなかったため、昨年11月に社長退任を要求。社側は社長退任と会社売却の意向を示していたが、突然、会社清算を通告してきたという。
 労連の南彰中央執行委員長は東京都内で開いた記者会見で「社長が自らのハラスメントを握りつぶすかのように会社を畳もうとするのは容認できない」と述べた。新聞発行に意欲を見せる地元企業もあるといい、社長に事業譲渡の交渉につくよう求めている。
 宮古新報は1968年に創業。那覇市内に支局を持ち、13年時点での自社公称部数は1万3930部。組合員数は現在13人で、社長が株式の大半を保有している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
  2.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
  3.  国民民主党の玉木雄一郎代表や大塚耕平代表代行ら同党関係者らは22日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、面…

日付から記事を検索

2019年1月« 12月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  19日に行われた県議会本会議の代表質問で玉城デニー知事は、北部基幹病院の整備について「借入金を縮減…
ページ上部へ戻る