「漁業者の安心操業を」 開拓の日祝う宴で訴え 尖閣諸島海域

尖閣諸島開拓の宴で披露された舞踊=14日、古賀辰四郎開拓祈念碑前

 尖閣諸島を守る会(代表世話人・仲間均石垣市議)主催の「尖閣諸島開拓の日を祝う宴」が14日、石垣市八島町の古賀辰四郎開拓記念碑前で開かれた。参加者からは「漁業者が安心して尖閣周辺海域で操業できるようにすべきだ」と訴える声が相次いだ。
 仲間代表世話人はあいさつで、尖閣諸島の地名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更するよう改めて求め「名実ともに石垣市の行政区域として内外にアピールできる」と指摘。尖閣周辺海域で操業するため、寄付金を募って新たな漁船を購入する考えを示した。
 中山義隆市長は「できるだけ早く、漁業者が安心して漁ができるような体制にしたい」と述べた。
 「尖閣諸島の歌」の合唱や碑の前での舞踊披露もあった。参加者には刺身が配布された。原口一博衆院議員、西銘恒三郎衆院議員、平良秀之市議会議長、三木巌八重山防衛協会会長、佐久本洋助宮古島市議会議長、那根元・元竹富町長、尖閣諸島を守る会東京支部の長尾士郎代表が来賓祝辞を述べた。
 宴は、尖閣諸島の開拓者である古賀氏の業績をたたえようと、守る会が毎年開催しており、今年で9年目。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染者が県外から八重山を訪れる「移入例」を懸念した地元住民が、SNS上で悲鳴を…
  2.  大川にある県立旧八重山病院の解体工事を予定通り新年度中に着手することにしているが、新型コロナウイル…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の宮里達也副会長は2日午後、県庁で会見し、県内で4日か…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る