「美ら海未来に残そう」 図画コンの入賞者を表彰

海保図画コンクール表彰・伝達式が開かれた=17日午後、石垣航空基地機体格納庫内

 石垣海上保安部(花井宏泰部長)は17日午後、石垣航空基地機体格納庫で「第19回未来に残そう青い海・図画コンクール」表彰伝達式を開いた。コンクールには八重山地区から124点、第11管区内から669点、全国合計で31800点の応募があり、石垣市から入賞した第十一管区海上部長奨励賞に西村楓花さん(白保小学校5年)、石垣海上保安部部長賞に上里直汰君(登野城小学校6年)らが表彰された。
 西村さんは「生きものが安心して暮らせる海をウミガメやマンタを描いて表現した。選ばれるとは思わなかったのでうれしい」と受賞を喜んだ。
 花井部長は「コンクールを通じ、子どもたちがいっそう海を大切にする心が育まれ、海を守ることの大切さが伝われば」と総評。
 表彰伝達のあと、ビーチクラフト式B300型哨戒機の説明や、アグスタ式139型哨戒・救難ヘリの説明、機内の見学も行われた。
 受賞者は次の皆さん。
 ▽第十一管区海上保安本部奨励賞・西村楓花、小笠原舞南(小浜小3年)▽石垣海上保安部長賞・上里直汰、古波蔵叶羽(登野城小2年)▽海上保安協会八重山支部長賞・村山碧思(新川小1年)、山内海優(大浜中1年)▽石垣海上保安部奨励賞・前三盛朝陽(登野城小2年)、譜久嶺心香(大浜小4年)、上間とわ(大浜中3年)▽海上保安協会沖縄地方本部長賞・譜久嶺輝星(大浜小2年)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院に隣接するヘリポートが石垣市の新庁舎建設工事などで使用困難になる問題で、新たなヘリポ…
  2.  「なんと、台湾から日本へのタピオカ輸出量が過去最高に!」「日本と同様に、マンガは台湾の人々の成長を…
  3.  第10回記念北部地区トゥバラーマ大会(主催・北部八重山郷友会)が15日夜、名護市民会館中ホールで開…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る