【日報の本棚】政治学者が実践する流されない読書 岩田温著

 マスメディアやSNSなど、情報が過剰とも言うべき現代にあって、自分自身で一つひとつの情報を吟味するには、読書によって培われた「思想的軸」が必要になる。新進気鋭の政治学者が説く、自分らしく生きるための読書論。
 著者は自分自身の経験から「流されない読書法」として「あえて自分と違う考え方の本を読む」「大著を読む。読み終えれば自分が変わったような感覚が得られる」「小品でも読めば人生についての考え方が変わる本はある」―などのアドバイスを散りばめる。
 トルストイの「戦争と平和」やドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」などの難解な作品について「読む前と読んだ後とで人生が変わってしまったというような感覚にとらわれます。日常生活において何が変わるわけではありません。大著を読んだから、すぐに時給が上がるわけでもありませんし、寿命が延びるわけでもありません」「しかしながら、何か自分自身が少し変わったような感覚、自分が住んでいる世界、人間について、より理解が深まったような感覚が味わえるのです」などと読書の効用を説く。
 育鵬社刊。260ページ。定価1400円(+税)。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国語科を中心に理論や実践研究をしている八重山結の会(大浜公三枝会長)が25日午後、八重山教育事務所…
  2.  第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)に沖縄代表で派遣され、文化庁長官賞を受賞した八重…
  3.  「Tell us night(テルアスナイト)―気になる4人の思いと本音が聞ける夜―」(主催・㈱エ…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…
ページ上部へ戻る