関連3条例で西表守る ヤマネコ/観光案内/資源保護 竹富町、整備へ急ピッチ

 奄美・沖縄本島北部・西表島の世界自然遺産登録に向けた推薦が了承されたことで竹富町は、可否が判断される2020年夏までに3つの関連条例を制定し、入域観光客や観光資源などの管理を強化する考えを改めて示した。今後、登録可否までの約1年半の間、急ピッチで整備が進められそうだ。
 同町が整備を進めるのは「イリオモテヤマネコ交通事故対策条例」、「竹富町観光案内人条例」、「西表島等特定観光資源保護条例」の3つで、いずれも仮称。
 ヤマネコ条例では交通事故防止、観光案内人条例ではガイド事業者の届け出・登録制度を設定する。観光資源保護条例は島内エリアを特定観光資源として指定し、入域規制するものとなる。
 西大舛高旬町長は17日、「登録がずれる分、準備ができた。観光客、動植物保護、観光ガイドの対応などを進める。登録が決まるまでの間に取り組みを加速させたい」と決意。「条例を作って前に進める」と話した。
 政策推進課の通事太一郎課長は、「前回、観光管理のありかたや、推薦地の拡大を指摘された。条例を含めて、観光の影響や環境保全をしていく」と説明。
 条例については、「今のペースだと、可否が決まる2020年夏までに整備しないといけない。観光管理するため、関連条例を整備していく」と話した。
 今後、沖縄県などとも協議を進め、条例整備を進める予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県が「21世紀ビジョン」(沖縄振興計画)で示した施策の検証と今後の改善方針などを報告する県振興推進…
  2.  竹富町、竹富島地域自然資産財団、竹富公民館は21日午後、町役場で記者会見し、竹富島を訪れる観光客を…
  3.  麗澤大学外国語学部の学生4人が3日から約1カ月間、美ら花グループ(宮平康弘CEO)の南の美ら花ホテ…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票に不参加を表明した5市に抗議するため、宜…
ページ上部へ戻る