中城海上保安部とFMうるまが協定 災害や事故時に迅速な情報発信

中城海上保安部の江口圭三部長(右)とFMうるまの大城圭司代表=18日、FMうるま

 中城海上保安部(江口圭三部長)と株式会社FMうるま(大城圭司代表取締役)は18日、相互協力による海上や地域の安全を守るための協定を締結した。協定により、台風や津波などの災害、海上での事故など、同保安部からの要請に対し、FMうるまが放送し、近隣の船舶や地域住民に対し、迅速に情報発信ができる。
 同保安部の江口部長は「大変うれしく思う。協定により効果的に地域の皆さんに発信してより効果的なサービスを提供したい」と話した。同保安部は沖縄本島東側と南北大東島の海域を管轄する。陸域では14市町村を抱える。また日本一の広域面積を誇る金武中城港を有し、同港には本島地区の電力の90%を占める5つの火力発電所、全国の11%を占める石油基地、そのほかタンカーバース、自衛隊や米軍施設といった重要施設を抱える。また漁業やマリンレジャが盛んで、近年は大型クルーズ客船の寄港が急増している。
 大城代表は「これまで以上により迅速かつ正確に情報発信できると思う。地域の皆さんや観光で訪れるリスナーさんがより安全、安心に過ごせるように努めたい」とした。
 放送は東海岸に向かってアンテナが向いているため、海上でも聞くことができる。リスナーには漁業関係者も多いという。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る