【金波銀波】米軍普天間飛行場の…

 米軍普天間飛行場の辺野古移設問題をめぐり、政府と激しく対立し続けた翁長雄志知事が死去した。現職の知事が死去するのは県政史上初めてだという◆辺野古沿岸埋め立て承認の取り消し、法廷闘争の末の敗訴、ヘリパッド移設工事の騒動、繰り返された県民大会、遠くスイスに飛んでの国連演説、そして最後の力を振り絞るかのような埋め立て承認撤回…。わずか3年8カ月の県政だったことが信じられないほど、多くの出来事があった◆知事として栄光の頂点を極めたかのように見えたが、実際は火中の栗を拾ったも同然だった。辺野古阻止の訴えは県内ではともかく、全国的には理解が広がらず、ネット上では知事に対する罵詈雑言(ばりぞうごん)も飛び交った◆県政トップという立場上、ある程度の批判は覚悟の上だったはずだが「想像を絶するストレスにさらされているのでは」と常々感じていた。今にして思えば、文字通り基地問題に「命を削った」のだろう◆知事が八重山を訪れる機会はほとんどなく、個人的に接する機会はなかったが、知人の記者は「飲み屋で偶然会うと、気さくに話しかけてくれる人だった」と回想した。「闘士」というイメージでは本来なかったようだが、知事を目指したのは一つの宿命だったのか。謹んでご冥福をお祈りしたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は27日、石垣市在住の70代女性と30代男性が新型コロナウイルスの陽性反応を示したと…
  2.  石垣市は県獣医師会の協力の下、27日から約2週間、犬の狂犬病予防集合注射を開始した。狂犬病予防法で…
  3.  石垣市は、新型コロナウイルスの影響を受けた小規模事業者などが沖縄振興開発金融公庫が行う「小規模事業…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「尖閣諸島を守る会」代表世話人の仲間均石垣市議は23、24の両日、漁船「高洲丸」に乗り、尖閣諸島周…
ページ上部へ戻る