クルーズ船寄港過去最多 県内3港が全国10位内に 石垣、初めて平良港を下回る

写真は2018年11月3日に石垣港に初寄港したスターレジェンド号

 沖縄総合事務局が18日発表した2018年のクルーズ船県内寄港回数によると、速報値で石垣港は107回(同18・9%減)となり、那覇港、平良港に次ぐ県内3位となった。寄港回数で石垣港が平良港に抜かれるのは初めて。県全体では528回(前年比2・5%増)となり、過去最多を記録した。全国の港別ランキングでは、那覇港が順位を一つ上げ、博多港に続く第2位。平良港は6位、石垣港は9位で、前年と同じく沖縄から3港がトップテンにランクインした。

 県内港別の寄港回数は那覇港243回(前年比8・5%増)、平良港143回(同10%増)、中城湾港28回(同86・7%増)の順。
 県内主要港湾では唯一、石垣港の寄港数が前年比で減少した。石垣市港湾課は「台風などの天候不良や、船会社の都合によるキャンセルが多かったため」としている。18年当初は約150回の寄港が予定されていたという。
 寄港数で平良港を下回ったことについて、市観光文化スポーツ局の大嵩久美子局長は「石垣からのシフト(移動)」との見方を否定。「石垣には船会社からのアプローチもある。プロモーション活動もしており、誘致先を新規開拓できる」と今年の寄港数増に期待感を示した。
 18年に石垣港新港地区で供用開始したクルーズ船の新バースでは、3月までにWi―Fiを整備する予定。悪天候時にも乗客をスムーズに誘導できる屋根付きルーフの整備も予定されており「受け入れ態勢は充実してくる」と強調した。
 県内の全寄港回数は、19年で697回を見込んでいる。17年の寄港回数は県全体で515回、港別では那覇港224回、石垣港132回、平良港130回、中城湾港15回、その他14回だった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る