センター試験始まる 八重山は93人志願

緊張した面持ちでセンター試験に臨む受験者らに問題用紙が配られた=19日午前、八重山高校

 2019年度大学入試センター試験が19日、全国693会場で一斉に開始された。会場となった県立八重山高校での志願者数は93人。
 八重高の校門前では、同級生や教職員らが横断幕を掲げ、会場に向かう受験者らに「頑張って」とエールを贈った。
 試験会場で受験者らは、じっと目を閉じていたり、背筋を伸ばして真っすぐに前を見つめていたりなど、思い思いの気持ちで静かに座っていた。試験官から問題と解答用紙を受け取り、午前9時半から試験を開始した。
 この日は、地理歴史・公民、国語、外国語の3教科の試験が行われた。2日目の20日は午前9時半から理科、数学の試験が行われる。
 今年の全国志願者数は昨年より5841人少ない57万6830人。県内は前年より162人少ない6015人だった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県離島振興市町村議会議長会(新田長男会長)は14日、那覇市の自治会館で第10回定期総会を開き、日本…
  2.  18日から開始される2018年分の所得税などの確定申告期に向けた電子申告(e―Tax)の利用拡大の…
  3.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は、投票率がどこまで伸びるかが一つのポイ…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、石垣市議会は17日、県議会に上程されている県民投票条例案に反…
ページ上部へ戻る