400種2300点作品ずらり 八重山矯正展 きょうまで

八重山矯正展が開かれ、多くの市民が来場した=19日、バンナ公園南口管理棟

 全国の刑務所受刑者の手作り作品を展示販売する八重山矯正展(主催・沖縄刑務所、八重山刑務支所、那覇少年鑑別所)が19日、石垣市バンナ公園南口管理棟で開かれ、朝からにぎわいを見せた。会場では400種類2300点の作品がずらり。約20分で完売する商品もあった。
 矯正展は法務省が主唱する「社会を明るくする運動」の一環。刑事施設や少年施設の業務や運営状況を紹介するもので、石垣市では毎年1月に開催される。
 会場ではベルト、ランチョンマット、かばん、財布、くつなどが展示販売され、多くの市民が来場した。
 午前10時スタートだったが、午前全8時から開場を待つ市民もいたという。一番人気は6500円の燻製機。約20分で完売した。
 また、那覇少年鑑別所はコンピュータを使った性格診断ブースを設けた。これは実際に鑑別所で使われるものの簡易版。質問をマークシートで回答し、約2分後に性格診断プロフィールが発行される。
 担当者は「結構当たるプロフィールになる。鑑別所の事を知らない人が多いので、どういう所か知ってほしい」と話した。
 八重山矯正展は20日まで。時間は午前10時から午後3時。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  24日は二十四節気の一つ霜降(そうこう)。秋が一段と深まり、朝霜が見られるころとされる。  南国…
  2.  2019年度国立天文台・石垣島天文台運営協議会(会長・常田佐久国立天文台長)がこのほど、同天文台で…
  3.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)の要請団6人が上京し、6、7の両日、クロマグロの漁獲枠拡大や米軍普天間飛…
ページ上部へ戻る