400種2300点作品ずらり 八重山矯正展 きょうまで

八重山矯正展が開かれ、多くの市民が来場した=19日、バンナ公園南口管理棟

 全国の刑務所受刑者の手作り作品を展示販売する八重山矯正展(主催・沖縄刑務所、八重山刑務支所、那覇少年鑑別所)が19日、石垣市バンナ公園南口管理棟で開かれ、朝からにぎわいを見せた。会場では400種類2300点の作品がずらり。約20分で完売する商品もあった。
 矯正展は法務省が主唱する「社会を明るくする運動」の一環。刑事施設や少年施設の業務や運営状況を紹介するもので、石垣市では毎年1月に開催される。
 会場ではベルト、ランチョンマット、かばん、財布、くつなどが展示販売され、多くの市民が来場した。
 午前10時スタートだったが、午前全8時から開場を待つ市民もいたという。一番人気は6500円の燻製機。約20分で完売した。
 また、那覇少年鑑別所はコンピュータを使った性格診断ブースを設けた。これは実際に鑑別所で使われるものの簡易版。質問をマークシートで回答し、約2分後に性格診断プロフィールが発行される。
 担当者は「結構当たるプロフィールになる。鑑別所の事を知らない人が多いので、どういう所か知ってほしい」と話した。
 八重山矯正展は20日まで。時間は午前10時から午後3時。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は27日、石垣市在住の70代女性と30代男性が新型コロナウイルスの陽性反応を示したと…
  2.  石垣市は、新型コロナウイルスの影響を受けた小規模事業者などが沖縄振興開発金融公庫が行う「小規模事業…
  3.  石垣市は県獣医師会の協力の下、27日から約2週間、犬の狂犬病予防集合注射を開始した。狂犬病予防法で…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る