社大党八重山支部が旗開き 「市長リコールを」と主張

「頑張ろう三唱」で気勢を上げる社会大衆党の関係者ら=19日夜、真栄里公民館

 沖縄社会大衆党八重山支部(加勢本曙支部長)の新春旗開きが19日夜、真栄里公民館で行われた。普天間飛行場の辺野古移設、平得大俣への陸上自衛隊配備計画阻止と、4月21日投開票の衆議院沖縄3区補選、夏の参議院選勝利への熱意を示した。加勢本支部長は「安倍一強は南西諸島の軍事化を進めている。反対する勢力が頑張らないと現状は覆せない」と強調。陸自配備計画阻止のためには、「中山市長のリコールをやるべき」と訴えた。
 乾杯後には市議や政党関係者らがあいさつ。宮良操市議は「市長は県議会には反対し、市議会は尊重するという二枚舌だ」、社民党石垣支部の平地ますみ副支部長は「私たちが民主主義を唱えても、反対意見を潰そうとする市の状況がある」、花谷史郎市議は「市長の進退を問えるところまでできるようやっていく」と、市政を批判。井上美智子市議は「辺野古反対、自衛隊反対という人はたくさんいる。参議院選挙で政権を変えよう。絶対に安倍サヨナラだ」と安倍政権を批判した。
 参加者らはそれぞれ市政、政権批判をし、最後は「頑張ろう三唱」で結束を深めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  伊波洋一参院議員は25日午前、石垣市平得にある陸自駐屯地の建設予定地を視察した。石垣島に軍事基地を…
  2.  衆参同日選の可能性が取り沙汰される中、衆院沖縄4区の自民党現職、西銘恒三郎氏と、野党が4区に擁立を…
  3.  石垣市の行政区域である尖閣諸島周辺の接続水域で、中国公船の航行が25日、過去最長の44日連続となっ…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る