6年連続で過去最高 18年は984万人 県入域観光客数

月別入域観光客数の推移(平成28年~平成30年)

 県が22日に発表した2018年(1~12月)の県入域観光客数は、前年比4・7%増の984万2400人となり、麻しん発生や自然災害などの影響があったが、6年連続で過去最高を更新した。富川盛武副知事は「行政と民間が一体になったプロモーション活動、国内・海外航空路線の拡充、クルーズ船寄港回数増など」を増加の要因と分析している。
 国内外の観光客はいずれも過去最高を記録した。国内客は同1・2%増の693万8600人、外国人客は同14・2%増の290万3800人だった。
 ただし、観光客数は増えているが、観光収入に課題が残る。この点について富川副知事は、本土の場合は観光客がいろいろな地域を回ることで観光日数が増え、単価がアップしているとして「県としては島々に誘導するような観光メニューを総合的に展開していきたい」とした。また2020年東京五輪を見据え、「五輪でかなり観光客が増加するはずなので、一過性ではあるがそれを沖縄に引っ張りたい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄・奄美の世界自然遺産登録を目指す、国、県、村の行政関係機関は23日、県庁で密猟の防止を目的とし…
  2.  7月20日に沖縄市で行われた独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構沖縄支部主催の「第19回沖縄…
  3.  請福酒造(石垣市)、多良川(宮古島市)、久米島の久米仙(久米島町)の離島酒造3社は、100年以上前…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る