「県と協力し進めたい」 地位協定改定案を知事に 国民民主党

党内でまとめた日米地位協定改定案を手交する(中央から左に)国民民主党玉木代表、渡辺副代表、大塚代表代行、藤田参院議員と受ける玉城知事=22日、県庁

 国民民主党の玉木雄一郎代表や大塚耕平代表代行ら同党関係者らは22日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、面談した。同党が昨年末に作成した日米地位協定の改定案が玉城知事に手渡された。玉木代表は「昨年度末に党内に沖縄協議会を作り、大塚代表代行をトップに、日米地位協定の改定に本気で取り組む」と話した。
 玉城知事は、韓国とアメリカとの地位協定を調査研究することも示唆。「主権国家の地位協定の本質についても、踏み込んでいきたい。協力したい」と語り、同党と歩調を合わせるとした。
 玉木代表は21日に辺野古移設工事現場を海上から視察。面談で同海域にある軟弱地盤に触れ、「技術的に物理的に建設は可能なのか。予定の予算や工期でできるのか。新基地建設について、軟弱地盤の問題はアキレス腱だ」と話し、政府の対応を批判した。
 玉城知事は「軟弱地盤の下には、活断層がある。地盤改良工事で、活断層に影響を与えることも考えられる」と指摘。国は辺野古移設を無理やり進め、法律をねじ曲げていると非難。「主権国家として問題だ」と指摘した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新石垣空港国際線旅客施設増改築工事の起工式が1日、同ターミナル内で開かれた。神事が厳かに執り行われ…
  2.  県は1日夜、石垣市で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認された、と発表した。いずれもクラスター…
  3.  11日告示、16日投票、翌日開票の竹富町長選で、再選を目指す現職、西大舛高旬氏(73)=自民推薦=…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島の星の祭典「南の島の星まつり2019」(主催・同実行委員会)で4日午後、世界初のブラックホー…
ページ上部へ戻る