「いろは文六曲屏風」寄贈 桃原氏「博物館で常設を」

寄贈された、芹沢銈介氏の作品「いろは文六曲屏風(萌黄いろは)」(左)。贈呈式で思いを語る桃原氏(写真右の右)。後ろは城間氏の作品=23日午前、石垣市立八重山博物館

 石垣市出身の元産経新聞社顧問、桃原用昇氏が23日、染色工芸家で重要無形文化財「型絵染」の保持者、人間国宝の芹沢銈介氏(1895~1984)の作品「いろは文六曲屏風(萌黄いろは)」を市教育委員会(石垣安志教育長)に寄贈した。
 芹沢は沖縄の紅型や江戸小紋などの要素を取り入れ、オリジナリティあふれる作品を生み出した。「型絵染」は芹沢が初めて用いた製作工程で、通常は絵師、彫師、染師などの分業で行われる製作工程を一人で手掛けた。
 「萌黄いろは」には文字の横に工芸品や動植物の模様が添えられたユニークな屏風。1958年から数年間の間の作品と考えられる。
 石垣市立八重山博物館(浦崎英秀博物館長)で開かれた寄贈式で、桃原氏は「10年前、苦労してオークションで落札した大切な品。この作品を日本最南端の博物館に飾って常設してほしい」と思いを語った。
 また、昨年に桃原氏が寄贈した陶芸家、國吉清尚氏の作品18点、城間栄喜氏の紅型の作品4点も披露した。
 今回贈呈された「いろは文六曲屏風(萌黄いろは)」は、同じ染めの作品が静岡県市立芹沢銈介美術館にも所蔵されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は27日、石垣市在住の70代女性と30代男性が新型コロナウイルスの陽性反応を示したと…
  2.  石垣市は、新型コロナウイルスの影響を受けた小規模事業者などが沖縄振興開発金融公庫が行う「小規模事業…
  3.  石垣市は県獣医師会の協力の下、27日から約2週間、犬の狂犬病予防集合注射を開始した。狂犬病予防法で…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者…
ページ上部へ戻る