「いろは文六曲屏風」寄贈 桃原氏「博物館で常設を」

寄贈された、芹沢銈介氏の作品「いろは文六曲屏風(萌黄いろは)」(左)。贈呈式で思いを語る桃原氏(写真右の右)。後ろは城間氏の作品=23日午前、石垣市立八重山博物館

 石垣市出身の元産経新聞社顧問、桃原用昇氏が23日、染色工芸家で重要無形文化財「型絵染」の保持者、人間国宝の芹沢銈介氏(1895~1984)の作品「いろは文六曲屏風(萌黄いろは)」を市教育委員会(石垣安志教育長)に寄贈した。
 芹沢は沖縄の紅型や江戸小紋などの要素を取り入れ、オリジナリティあふれる作品を生み出した。「型絵染」は芹沢が初めて用いた製作工程で、通常は絵師、彫師、染師などの分業で行われる製作工程を一人で手掛けた。
 「萌黄いろは」には文字の横に工芸品や動植物の模様が添えられたユニークな屏風。1958年から数年間の間の作品と考えられる。
 石垣市立八重山博物館(浦崎英秀博物館長)で開かれた寄贈式で、桃原氏は「10年前、苦労してオークションで落札した大切な品。この作品を日本最南端の博物館に飾って常設してほしい」と思いを語った。
 また、昨年に桃原氏が寄贈した陶芸家、國吉清尚氏の作品18点、城間栄喜氏の紅型の作品4点も披露した。
 今回贈呈された「いろは文六曲屏風(萌黄いろは)」は、同じ染めの作品が静岡県市立芹沢銈介美術館にも所蔵されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第11回沖縄国際映画祭 島ぜんぶでおーきな祭(主催・同実行委員会)が、18日からスタートした。初日…
  2.  東京大学の入学式で上野千鶴子名誉教授が語りかけた祝辞が話題になっている。日本社会に根強く残る女性差…
  3.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  在日米軍は15日、6月11日に発生した嘉手納基地所属のF15戦闘機墜落事故で、緊急脱出したパイロッ…
ページ上部へ戻る