県民投票、全市町村実施へ 与野党が条例改正で合意 「どちらでもない」加え3択

休憩後、自民案を説明する島袋氏(中央)。この後、再び休憩した=24日、県議会

 「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票をめぐり、県議会(新里米吉議長)は24日、与野党の代表者会議を開き、設問の選択肢を賛否だけの2択から「どちらでもない」を加えて3択に増やす案で合意した。29日の臨時会で、県民投票条例案が全会一致で改正される。これを受け、県民投票を拒否してきた5市は方針転換する見通しで、全市町村での実施が実現する方向になった。
 玉城デニー知事は、全県での県民投票実施が濃厚になったことを受け、新里議長に電話し「良かった」と述べた。新里氏が記者団に明らかにした。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  平真小学校創立130周年記念事業の一環として、同校の敷地となった土地を提供した辻野家一門と地元有志…
  2.  石垣市立大浜小学校創立130周年記念式典(主催・同校創立130周年記念事業期成会)が21日、同校体…
  3.  石垣市が新型コロナウイルスの経済対策として全市民対象に販売しているプレミアム付き商品券は、21日ま…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る