【金波銀波】サッカーW杯1次リーグで、…

 サッカーW杯1次リーグで、日本がポーランドに敗れながらも決勝トーナメントに進出したが、0―1で負けている状況でパス回しを続けた消極的なプレーに賛否両論が上がっている◆韓国メディアは「日本は醜く勝ち進んだ」と酷評。ネット上では日本のファンから「アジアで決勝に進んだのは日本だけ」などと反発の声も上がった◆「勝負は結果がすべて」か、「どれだけ努力したかも大事」か。価値観は人それぞれで正解というものはない◆個人的に思い出されるのはずいぶん前、甲子園で県代表が出場していた試合だ。0―0の9回裏、力投していたエースがサヨナラ打を浴び、マウンドに崩れ落ちた。エースのほほから涙がとめどなく流れ、痛々しいほどだったが、見ていて「美しい」と思った。全力を尽くした者だけに許された涙。たとえ負けても、あのような涙を流せれば悔いはない◆勝負は結果がすべてであり、勝利が何より優先されることに異論はない。しかし勝利より強烈に胸に残る敗北というものもある。これもスポーツの醍醐味(だいごみ)だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、市森林区域にあっ…
ページ上部へ戻る