アーサ採り最盛期 海岸に緑のじゅうたん出現

アーサ採りを楽しむ女性ら。これから最盛期を迎える=24日午後、石垣市白保海岸

 今年もアーサ採りのシーズンが到来し、八重山各地の海岸で収穫が始まっている。
 アーサ(和名ヒトエグサ)は隆起サンゴ礁石灰岩の岩場に生える海藻の一種。12月末から収穫でき、1~2月に最盛期を迎える。収穫したアーサは澄まし汁にしたり、天ぷらにしたりして食べる。
 高気圧に覆われ、穏やかな天気となった24日、石垣市の白保海岸では潮が引き始めた正午過ぎから緑のじゅうたんを敷き詰めたような岩場が現われ、アーサを指先でつまむようにして収穫を楽しむ人々の姿がみられた。
 白保に住む70代の女性は「採ったアーサは海に来られないお年寄りたちにあげます」と笑顔で話した。
 週間天気によると、寒気や湿った空気の影響で曇りの日が多いが、期間の初めは高気圧に覆われて晴れる日もあるとの予報。海辺はアーサ採りをする人でにぎわいそうだ。
 (文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備…
  2.  石垣市議会は18日の最終本会議で、市当局が提案した農業委員19人の人事案件を無記名投票で採決し、5…
  3.  石垣市都市建設課は今月5日、伊原間の玉取崎展望台に観光で家族とともに訪れた3歳男児が擬木園路から誤…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る