「紫外線から目を守って」 竹富町の子どもに啓発へ 法人と町教委が覚書

覚書を調印したアイズアークの溝渕理事(右)と竹富町の仲田教育長=24日午後、町教委

 竹富町教育委員会の仲田森和教育長と、特定非営利法人「紫外線から眼を守るEyeS Arc(アイズアーク)」(理事長・佐々木洋金沢医科大眼科学主任教授)の溝渕竜三朗理事は24日、町内の児童生徒に対し、紫外線が目に与える影響に関する啓発を実施することを申し合わせる覚書に調印した。町教委で開かれた調印式で溝渕理事は「竹富町は全国一紫外線が強いエリア」との認識を示し「帽子やサングラスなどで、適切に紫外線から目を守ってほしい」と呼び掛けた。
 アイズアークは2018年2月に特定非営利法人として認証された。目が強い紫外線を浴びることで日焼けが起き、黒目の脇にしみができる瞼裂斑(けんれつはん)や、白内障などの症状が起きると指摘。「紫外線による目の障害は蓄積し、疾患として発症する」と警告し、帽子やサングラスの日常的な着用促進などを呼び掛けている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸…
ページ上部へ戻る