「紫外線から目を守って」 竹富町の子どもに啓発へ 法人と町教委が覚書

覚書を調印したアイズアークの溝渕理事(右)と竹富町の仲田教育長=24日午後、町教委

 竹富町教育委員会の仲田森和教育長と、特定非営利法人「紫外線から眼を守るEyeS Arc(アイズアーク)」(理事長・佐々木洋金沢医科大眼科学主任教授)の溝渕竜三朗理事は24日、町内の児童生徒に対し、紫外線が目に与える影響に関する啓発を実施することを申し合わせる覚書に調印した。町教委で開かれた調印式で溝渕理事は「竹富町は全国一紫外線が強いエリア」との認識を示し「帽子やサングラスなどで、適切に紫外線から目を守ってほしい」と呼び掛けた。
 アイズアークは2018年2月に特定非営利法人として認証された。目が強い紫外線を浴びることで日焼けが起き、黒目の脇にしみができる瞼裂斑(けんれつはん)や、白内障などの症状が起きると指摘。「紫外線による目の障害は蓄積し、疾患として発症する」と警告し、帽子やサングラスの日常的な着用促進などを呼び掛けている。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  事前協議なく中城港に自衛隊車両を積んだ船を入港させたとして、全国港湾労働組合連合(中央執行委員長・…
ページ上部へ戻る