県の広報費1億3千万円 CM、広告、シンポ…投票率課題

県民投票の広報板=県庁市役所口

 2月24日に行われる「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票の実施には、県全体で5億5000万円の予算が見込まれている。巨額の予算を投じるからには、昨年9月に実施された県知事選の投票率63・24%は超えたいところだ。知事公室県民投票推進課によると、広報費として県内のテレビ局や新聞社の広告などに1億3000万円が費やされる予定だが、投票率の目標値は特に設定していない。
 同課は「5億5000万円のうち、広報費が約1億3000万円で、残りの約4億2000万円が事務費になる」と説明する。
 広報費の内訳は、「テレビ・ラジオCMが4700万円、新聞広告が2200万円、シンポジウムが1300万円、テレビ番組制作が1200万円、HP開設などのデジタル広告が700万円、バス・モノレール等の交通広告やデジタルサイネージ・チラシ・ポスター等が3300万円」というのが同課の回答。県内の大手メディアを中心に、今期の大きな収入源になると見込まれている。
 約1億3000万円の広報費を投じた結果、どれほどの投票率になるのか。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
ページ上部へ戻る