男子 角田初、女子 能勢2度目V 4399人、初ラン満喫 石垣島マラソン 完走率97%

石垣島マラソンで4399人が初ランを満喫した=27日午前、石垣市中央運動公園ゲート

 第17回石垣島マラソン(主催・石垣市、市教委、市体育協会)が27日、石垣市中央運動公園を発着地点にして石垣島を西回りに半周するコースで行われ、男子フルマラソンは角田智史=那覇市=が2時間38分39秒で初出場初優勝を飾り、同女子は、能勢結希=神奈川県在=が3時間22分36秒で2度目の優勝を果たした。エントリー5014人中、4399人が出走。完走は4247人で完走率は97%。スタート時の気温は15度で降雨もなく、ランナーは石垣島の初ランを満喫した。
 フル男子優勝の角田は中盤30キロ地点から2位との差を着け引き離しトップを維持し独走でゴール。同女子の能勢はレース後半にリズムをつかみ上位陣をごぼう抜きし2016年覇者の実力を見せた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の特別定額給付金10万円のオンライン申請をスマホで挑戦した。評判通り手順が煩雑で行き詰まること…
  2.  〈大変な時に収集ありがとう〉。新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市の家庭から出される一般ごみの…
  3.  政府が国民1人10万円を給付する特別定額給付金の申請受け付けが石垣市で本格化している。今週に入り、…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  経世論研究所の三橋貴明所長が6月30日、宜野湾マリン支援センターで講演した。「消費税は欠陥税制で、…
ページ上部へ戻る