花と食のフェス大盛況 初の「花いけバトル」に熱視線

制限時間5分間で生け花の出来栄えを競う「花いけバトル沖縄」=26日、那覇市の奥武山公園

 県内の園芸作物の品質向上や生産振興、消費拡大を図る「おきなわ花と食のフェスティバル2019」(主催・同フェスティバル推進本部)が26、27日、那覇市の奥武山公園で開かれた。県内生産者団体や食品業者など182ブースが出展したほか、各種イベントが行われた。各団体の自慢の農林水産物や加工品を買い求めて多くの家族連れが訪れた。
 県立武道館ステージでは、制限時間5分で生け花の出来栄えを競う「花いけバトル沖縄」が開催された。花の生け手である「バトラー」がトーナメントを戦い、県内の花や葉物、枝ものを即興で生けた。集まった観客のジャッジで勝敗を決めた。優勝を果たした宜野湾市大謝名の「花ユキ」代表の奥浜由貴子さんは「ドキドキだった。いろいろな花材を使って楽しませてもらった」と喜びのコメントを述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  JAおきなわ(普天間朝重代表理事)が5月29日から実施しているJA石垣牛への支援を募る購買型のクラ…
  2.  玉城デニー知事は3日、県庁で記者会見し、県内の新型コロナウイルスの状況について「小康状態」とした上…
  3.  今年は中学校教科書採択の年となっており、八重山地区では石垣市と与那国町でつくる協議会と、竹富町単独…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  11日の県議会最終本会議では、中国公船による領海侵入に関する意見書も審議され、全会一致で可決された…
ページ上部へ戻る