花と食のフェス大盛況 初の「花いけバトル」に熱視線

制限時間5分間で生け花の出来栄えを競う「花いけバトル沖縄」=26日、那覇市の奥武山公園

 県内の園芸作物の品質向上や生産振興、消費拡大を図る「おきなわ花と食のフェスティバル2019」(主催・同フェスティバル推進本部)が26、27日、那覇市の奥武山公園で開かれた。県内生産者団体や食品業者など182ブースが出展したほか、各種イベントが行われた。各団体の自慢の農林水産物や加工品を買い求めて多くの家族連れが訪れた。
 県立武道館ステージでは、制限時間5分で生け花の出来栄えを競う「花いけバトル沖縄」が開催された。花の生け手である「バトラー」がトーナメントを戦い、県内の花や葉物、枝ものを即興で生けた。集まった観客のジャッジで勝敗を決めた。優勝を果たした宜野湾市大謝名の「花ユキ」代表の奥浜由貴子さんは「ドキドキだった。いろいろな花材を使って楽しませてもらった」と喜びのコメントを述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
  2.  「闇ぬ世(ゆう)から太陽(てぃだ)ぬ世へ」をテーマに、「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会i…
  3.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、杉田和博官房副長官と謝花喜一郎副知事が9日、東京都内で会…
ページ上部へ戻る