【金波銀波】米朝首脳会談で一番の…

 米朝首脳会談で一番のサプライズは、トランプ米大統領が打ち出した米韓軍事演習の中止だった。挑発的でコストがかかることを理由に挙げ、将来的な在韓米軍撤退の可能性も示唆した◆トランプ氏は大統領選の当時から、日本や韓国に駐留米軍のコスト全額負担を要求し、受け入れられない場合には撤退も辞さないと主張◆一時は「世界の警察官」らしく北朝鮮への武力行使も辞さない構えを見せていたトランプ氏だが、経済的なコストだけを考えれば、確かに戦争は割に合わない。変わり身の早さは、基本的には損得勘定で動く「企業家」トランプ氏の面目躍如といったところだろう◆県内には「在韓米軍が撤退すれば在日米軍を抱える沖縄の負担が増す」と懸念する声もあるが、いかにも甘い。それどころではなく、在日米軍も含め、米国が徐々にアジアから手を引いていく未来図が現実味を帯び始めている。日本一国で強大な中国と向き合わざるを得なくなれば、最前線に立つ沖縄県民にも相応の覚悟が必要だ◆見方を変えれば、何につけ米国一辺倒だった時代が終わりつつある。国民の意識も大きく変わり、憲法9条の改正に向けた絶好のチャンスが訪れるかも知れない。そうなれば米朝首脳会談は、日本にとっても画期的な歴史の転換点だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  JAおきなわ(普天間朝重代表理事)が5月29日から実施しているJA石垣牛への支援を募る購買型のクラ…
  2.  玉城デニー知事は3日、県庁で記者会見し、県内の新型コロナウイルスの状況について「小康状態」とした上…
  3.  今年は中学校教科書採択の年となっており、八重山地区では石垣市と与那国町でつくる協議会と、竹富町単独…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る