佐喜真氏再起に意欲 石垣で講演

石垣市で講演した佐喜真淳氏=27日

 前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家は浪人中にいろいろな人とひざを交えて話し、キャッチボールすることが重要だ。いかにモチベーションを高め、さらなるチャレンジに向かっていけるか考えている」と、再起への意欲を示した。
 米軍普天間飛行場返還後の跡地について「この土地は宝物だ。百年分の投資をしてもらいたい」と述べ、改めて早期返還と跡地利用の促進を要求。
 跡地利用の具体策について「いろいろなことができる」とした上で、太平洋と東シナ海を同時に望むことができる「万国津梁の塔」(仮称)の建設を提案し「エッフェル塔と同じようなシンボルになる」と期待した。
 辺野古移設をめぐる県民投票にも触れ「やるからには、歴史の時間軸をしっかり考えてほしい」と述べ、普天間飛行場問題の歴史的経緯を考慮に入れた県民投票であるべきと主張した。
 講演会は(一社)すてきな沖縄を伝える会が主催した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣海上保安本部(花井宏泰石垣海上保安部長)は10日、年末年始の船舶交通の安全確保、海上における事…
  2.  第39回全国中学生人権作文コンテスト沖縄県大会(主催・那覇地方法務局、県人権擁護委員連合会)表彰式…
  3.  県議会11月定例会の本会議が10日、県議会で開かれ、玉城デニー知事は沖縄県LGBT宣言について「国…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る