玉城知事が沖大で講義 県民投票、沖縄防衛を語る

講演する玉城デニー県知事=28日、沖縄大学

 玉城デニー知事は28日、沖縄大学で講演し、200人以上の学生の前で県民投票や沖縄防衛について語った。学生から2月24日に行われる県民投票の意義を問われると、法的な拘束力はないとしながらも、「パーセンテージにもよるが、明らかに大きな県民の投票結果がはっきりした時には、紛れもなく18歳以上の投票に関わった皆さんの意志だと主張できる」と述べた。
 玉城知事は県知事選で「(自分は)新基地建設反対の立場を明確に訴えて当選した」が、それに対して政府は「(知事選では)基地問題だけでなく、教育、福祉、医療など、地域ごとの様々な課題」も争点になっていたとして、政府が県知事選の結果を顧みなかったと説明。県民投票では争点を一つに絞り、「皆さんが意思表示できることが大切」と主張。「一票が皆さんの未来をつくる。この権利は絶対に大切にしてください」と、投票を呼び掛けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国とイランが一触即発だ。米国が紛争の当事者になれば、米軍基地を抱える沖縄も無関係ではいられない。…
  2.  那覇市の波上宮を中心に開催される「なんみん祭」のお神輿(みこし)行列が19日行われ、参加者が波上宮…
  3.  竹富公民館(内盛正聖館長)はこのほど、春季島勢調査を実施し、その結果を公表した。竹富島では毎年春と…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国国営テレビが、来年の台湾総統選で中国寄りの最大野党・国民党の有力候補の一人とされる高雄市長、韓…
ページ上部へ戻る