火災の拡大防止に貢献 県警、米兵2人に感謝状

感謝状を授与され、記念撮影したセサリオ一等兵(中央右)とカネンバーグ上等兵(同左)=28日、うるま署(第18航空団広報局提供)

 うるま警察署(與儀淳署長)は28日、10日に発生した工場火災の初期消化を行い、被害の拡大防止に貢献したとして、嘉手納基地所属の米軍人2人に感謝状を贈呈した。感謝状を授与されたのは、アルゴ・セサリオ一等軍曹とジャスティン・カネンバーグ上等兵。2人は車で付近を通りかかり、偶然、火災を発見、消化活動を行った。現場は具志川の製糖工場で、木造平屋造りのため、消化活動が遅れれば全焼し、被害が拡大していた恐れがあった。
 火災は午後6時ごろ発生。セサリオ一等兵とカネンバーグ上等兵は車で県道10号線を走行中、現場から黒煙が上がっているのを確認し、119番通報するとともに、隣家から放水用のホースを借りて初期消火を実施した。
 セサリオ一等兵は「私たち2人は基地外に住んでおり、地域とのつながりの重要性は理解している。私たちの行動が、地域貢献の良い例になれば」、カネンバーグ上等兵は「感謝状は身に余る光栄。地元警察の好意に心より感謝する」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  日台交流をすすめる会(廣瀬勝代表)は23日、浦添市てだこホールで日本と米国、台湾の安全保障関係者を…
ページ上部へ戻る