火災の拡大防止に貢献 県警、米兵2人に感謝状

感謝状を授与され、記念撮影したセサリオ一等兵(中央右)とカネンバーグ上等兵(同左)=28日、うるま署(第18航空団広報局提供)

 うるま警察署(與儀淳署長)は28日、10日に発生した工場火災の初期消化を行い、被害の拡大防止に貢献したとして、嘉手納基地所属の米軍人2人に感謝状を贈呈した。感謝状を授与されたのは、アルゴ・セサリオ一等軍曹とジャスティン・カネンバーグ上等兵。2人は車で付近を通りかかり、偶然、火災を発見、消化活動を行った。現場は具志川の製糖工場で、木造平屋造りのため、消化活動が遅れれば全焼し、被害が拡大していた恐れがあった。
 火災は午後6時ごろ発生。セサリオ一等兵とカネンバーグ上等兵は車で県道10号線を走行中、現場から黒煙が上がっているのを確認し、119番通報するとともに、隣家から放水用のホースを借りて初期消火を実施した。
 セサリオ一等兵は「私たち2人は基地外に住んでおり、地域とのつながりの重要性は理解している。私たちの行動が、地域貢献の良い例になれば」、カネンバーグ上等兵は「感謝状は身に余る光栄。地元警察の好意に心より感謝する」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新石垣空港国際線旅客施設増改築工事の起工式が1日、同ターミナル内で開かれた。神事が厳かに執り行われ…
  2.  県は1日夜、石垣市で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認された、と発表した。いずれもクラスター…
  3.  11日告示、16日投票、翌日開票の竹富町長選で、再選を目指す現職、西大舛高旬氏(73)=自民推薦=…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る