目標は総合3位以内 市郡対抗駅伝で結団式

(右から)選手宣誓をする石仲諒翔、橘芽生=28日夕、市中央運動公園陸上競技場会議室

 県知事杯第42回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(主催・一般社団法人沖縄陸上競技協会)に出場する八重山選手団の結団式が28日夕、石垣市中央運動公園陸上競技場会議室で開かれた。選手ら関係者は同大会の目標は総合3位以内と目標を再確認した。
 大会は、14市郡が出場し、2月2日、3日に那覇市の奧武山陸上競技場を発着点に、沖縄本島を東回り31区間287.0㌔のコースで行われる。初日は同競技場から国頭村役場までの17区間160.4㌔。最終日は同役場から同競技場までの14区間126.6㌔のコースで競われる。
 八重山郡は前回大会男子3位、女子11位で総合6位。過去には2010年、13年に優勝している。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る