市長「市議会に予算案上程」 県議会可決受け来月1日 県民投票

 県議会で29日、「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票の選択肢を3択とする県民投票条例改正が成立したことを受け、石垣市の中山義隆市長は、2月1日の市議会臨時会に県民投票の予算案を上程する考えを示した。同日、八重山日報の取材に答えた。
 県議会での条例改正は全会一致にはならなかったが、中山市長は「私は全会一致を条件にはしていなかった。県議会で可決されたので、市議会に予算案を上程する」と述べた。
 中山市長はこの日、那覇市内で県議会の新里米吉議長と面会。新里議長は県民投票の実施に協力を求め、中山市長も市議会に予算案を上程する方針を伝えた。
 当初、中山市長は県民投票の実施を拒否する構えを示していたが、県議会の与野党が条例改正で合意したことを受け、県民投票の実施にかじを切った。市は、他の市町村と同じ2月24日に実施可能としている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府は17日、地域の関係機関を束ね、観光地づくりの司令塔となる法人「日本版DMO」に、八重山ビジタ…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る