【視点】反対議員に敬意表する

 「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票条例が29日の県議会で改正され、選択肢が「どちらでもない」を加えた3択になった。自民県連は全会一致を目指したが、改正の内容に納得できないとして5人が反対に回った。この条例改正は、今回の県民投票に対する疑問に応える内容では到底ない。筋を通して反対した5人の議員に敬意を表したい。
 県民投票の実施を拒否した5市長の判断は、県民投票のさまざまな問題点を率直に指摘した妥当なものだった。しかし、県民投票の問題点を何一つ考慮することなく、基地反対派などによる「市民の投票権を奪うな」という一方的な批判だけが洪水のように高まった。
 自民県連は今年の衆院補選や参院選への影響を懸念。公明党の働き掛けもあり、苦渋の決断で3択案に同意した。5市長も自民県連の判断を追認する形で、県民投票を実施する方針に転換した。自民県連と5市長の完全な政治的敗北と言える。
 条例改正の採決に当たり、自民県連は党議拘束をかけなかった。しかし与野党の全会一致にするため、賛成や、最低でも退席が期待されていたはずだ。それは確かに波風を立てない方法だったが、5議員はあえて信念を貫き、県民投票の問題点を世に問うた。
 このうち座喜味一氏は「県民投票そのものが基地問題になじまない。尖閣諸島を含む南西諸島の立場からすると、単純な賛成反対で済まされる問題ではない」と指摘した。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  岩屋毅防衛相は10日午前、玉城デニー知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古…
ページ上部へ戻る