もっと補助犬の普及を 聴導犬テーマに講演 五十嵐さんとポッキー

聴導犬のポッキー(トイプードル9歳・オス)と、講演を行った五十嵐さん=25日夜、石垣市健康福センター2階視聴覚室

 石垣市健康福祉センター2階視聴覚室で25日夜、滋賀県の福祉施設に勤務し聴覚者支援を行っている五十嵐恵子さん(56)と聴導犬の「ポッキー」(トイプードル9歳・オス)が「聴導犬ってな~に」をテーマに、石垣市内の手話サークルの関係者約30人を対象に講演した。
 五十嵐さんは石垣島マラソンに出場する友人の応援で石垣島に来島した。自身も聴覚に障害を持ち、ポッキーを聴導犬にすることを目的に小さい頃から訓練しながら育て上げたという。
 五十嵐さんは「病院で診察の呼び出しを飼い主に知らせたり、道路通行時に自転車のベルがなったことを飼い主へ伝るなどのデモンストレーションを行った」と述べた。
 参加した関係者は「石垣にもポッキーのような聴導犬を必要とする方が多くいる。補助犬には専門機関による一定の訓練が必要で、本土では訓練認定機関が整備されている。沖縄でも官民での取り組みで整備してほしい」と聴導犬を含めた障害者補助犬事業の取り組みの必要性を語った。
 厚生労働省によると、1月1月現在で国内には盲導犬941頭、介助犬66頭、聴導犬67頭。沖縄県には、盲導犬7頭、介助犬1頭、聴導犬が1頭おり、八重山に聴導犬はいない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
ページ上部へ戻る