ロッテ選手 石垣入り 空港で歓迎セレモニー 

千葉ロッテマリーンズの歓迎セレモニーが行われた=30日夕、南ぬ島石垣空港

 千葉ロッテマリーンズは2月1日から始まる石垣島キャンプに向け、30日夜、選手、監督、スタッフら153人が空路で石垣入りした。南ぬ島石垣空港では千葉ロッテマリーンズ石垣島協力会や地元ファン、市関係者らが歓迎した。12回目となる今年のキャンプは石垣市中央運動公園で、1、2軍合同で行われる。1軍は11日、2軍は21日まで。2月1日には紅白戦が行われる。
 南ぬ島石垣空港到着ロビーで行われた歓迎セレモニーには、山室晋也球団社長、井口資仁1軍監督、今岡真訪2軍監督、鈴木大地選手会長、中村奨吾選手が出席。ロッテ杯学童野球で優勝した真喜良サンウェーブの子どもたち5人が花束を手渡した。
 山室球団社長は「石垣島で今シーズンをスタートできるのはうれしい。チームスローガンの『マウエ』、ロケットのようにリーグ優勝、日本一になり、優勝旗を島に持ち帰りたい」と強調した。
 井口監督は「(今年のキャンプは)実戦練習が中心になるので、選手の皆にはポジション争いをしてほしい。初日の紅白戦では選手同士で競争してほしい」と期待した。ドラフト1位の藤原恭太外野手(大阪桐蔭高校)は「自分の武器は足なので、そこをアピールして皆さんの期待に応えられるように精一杯頑張っていきたい」と意気込んだ。
 千葉ロッテ石垣島協力会会長の中山義隆石垣市長は「チームスローガンの『マウエ』を忘れず、リーグ制覇をしてほしい。チーム、選手の健闘を祈っている」と歓迎した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
ページ上部へ戻る