辺野古反対派のリスト作成 警備会社、防衛省関与否定

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を巡り、2004年から17年まで海上警備を担当していた「ライジングサンセキュリティーサービス」(東京都)が抗議に参加した市民ら約60人の氏名や経歴、顔写真などをまとめたリストを作っていたことが30日、同社への取材で分かった。防衛省と同社は、リスト作成の指示や報告はなかったと説明している。
 ライジング社によると、「警備を円滑に進めるため」にインターネットや現場で蓄積したデータを基に作成し、警備艇に備え付けるなどして使っていた。3年ほど前に外部からの指摘を受けて全て廃棄したとしている。
 岩屋毅防衛相は29日の記者会見で、沖縄防衛局の関与を否定。ライジング社が関連文書を提出した際、防衛省からリストに基づく個人情報を消すよう指示があったとの一部報道に関し、岩屋氏は「事実はないと思うが、引き続き事実関係について確認する」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は29日、宜野湾市を訪れ、昨年末に米軍普天間飛行場所属ヘリから部品が落ちたと訴える緑…
ページ上部へ戻る