県民投票「おそらく全県で」 知事、学生に参加呼び掛け

学生らに講演した玉城デニー知事=1月31日、西原町の沖縄キリスト教学院大学

 玉城デニー知事は31日、西原町の沖縄キリスト教学院大学で学生100人以上を前に講演した。「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票について「おそらく全ての市町村で実施されるだろう。最後まで41市町村長にお願いをして実現したい」と話した。
 学生に対して「最後は自分が決めて、投票に参加する。この民主主義の大切な一票、権利をぜひ大切にしてほしい」と参加を呼び掛けた。
 戦後沖縄の米軍統治下時代について「ドルを持っている人が金持ちになれた」と振り返った。「ドルを求めて基地が作られるところにたくさんの人々が集まった。そういう時代があったので、基地があるとなぜか、潤う、もうかるという幻想が沖縄に残っているのでは」と話した。
 また祖国復帰後、基地撤退を求めるムーブメントがあったと説明し「ところが日本政府は日米安全保障条約を担保として、『日本にとって米軍は必要だ』ということで、沖縄に置き続けて良いという政策を取ってきた」と強調。「事件・事故が起こるたび、私たちにとって米軍は何なんだろうという、迷いや矛盾、不条理みたい闇が広がっていった」と話した。
 学生からは玉城知事に対しフェイクニュースについての質問が挙がった。知事は「知事選の時のSNSは、ハッシュタグ玉城デニーの9割がヘイトだったそうだ。しかし選挙を手伝ってくれた若い方々がカウンターになってくれた」と振り返る。「確証のないことで呟かれて拡散していることが大きい。さまざまな世の中に流れているニュースを、どれが自分の信念に近いかを選ぶ力を身につけると、政治は身近になる」と答えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  24日投開票された「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は埋め立て反対が多数を…
ページ上部へ戻る