さしみ屋マップを総括 「知れわたってうれしい」 八商工

さしみ屋と天ぷら調査の総括が開かれた=1日、八重山商工高校

 石垣市商工振興会と地域おこし協力隊の渡邊義弘氏のコーディネートで実施された、市内のさしみ屋と天ぷら調査の総括が1日、八重山商工高校で開かれ、生徒が同事業の感想を述べた。
 同調査は2018年12月号の雑誌「月刊やいま」や、農林水産省の「平成30年版水産白書」にも掲載されている。
 このうち「月刊やいま」では、同誌の表紙にさしみ屋マップが採用された。このほか、各店舗の紹介も記されている。
 渡邉氏は、「直近5年間の成果物となるので、仕事のキャリアにも使ってほしい」と活用を求め、観光客などへのアンバサダー(大使)としての役割にも期待した。
 同事業に取り組んだ生徒からは、「いろいろな人にインタビューできた」、「店の住所が違うことで、資料を作り直すのが大変だった」、「島の人全員に知れ渡っているのはうれしい」など感想を述べた。
 同事業は同校商業科観光コース3年生の課題研究の一環。人口と店舗数の割合を調査し、マップを作成することで観光客などに購入を促す施策を考案することなどが狙い。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は11日、7~11日にかけて沖縄に駐留する米軍関係者計61人の新型コロナウイルス感染を確認したと…
  2.  東京都で新型コロナウイルス新規感染者が3日連続で200人を超し、石垣市で5人目の感染者が確認される…
  3.  石垣市の県道富野大川線で街路樹として植栽されたフィカスハワイという樹木の枝が道路をまたいで、緑のア…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る