さしみ屋マップを総括 「知れわたってうれしい」 八商工

さしみ屋と天ぷら調査の総括が開かれた=1日、八重山商工高校

 石垣市商工振興会と地域おこし協力隊の渡邊義弘氏のコーディネートで実施された、市内のさしみ屋と天ぷら調査の総括が1日、八重山商工高校で開かれ、生徒が同事業の感想を述べた。
 同調査は2018年12月号の雑誌「月刊やいま」や、農林水産省の「平成30年版水産白書」にも掲載されている。
 このうち「月刊やいま」では、同誌の表紙にさしみ屋マップが採用された。このほか、各店舗の紹介も記されている。
 渡邉氏は、「直近5年間の成果物となるので、仕事のキャリアにも使ってほしい」と活用を求め、観光客などへのアンバサダー(大使)としての役割にも期待した。
 同事業に取り組んだ生徒からは、「いろいろな人にインタビューできた」、「店の住所が違うことで、資料を作り直すのが大変だった」、「島の人全員に知れ渡っているのはうれしい」など感想を述べた。
 同事業は同校商業科観光コース3年生の課題研究の一環。人口と店舗数の割合を調査し、マップを作成することで観光客などに購入を促す施策を考案することなどが狙い。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は10月31日、「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての是非を問う県民投票条例」を公布した。同条例…
ページ上部へ戻る