370人の生年を祝う 市が旧正月恒例の行事

市長にあやかりの盃を授けるカジマヤーの浦崎致清さん=5日午後、市民会館大ホール

 石垣市は旧正月の5日午後、市民会館大ホールで生年祝式典を開き、数え97歳のカジマヤー(マンダラー)のお年寄りと85歳のお年寄り合わせて370人の生年を祝った。
 市内には今年、97歳が53人、85歳が317人おり、このうちの18人と140人が式典に参加。中山義隆市長は同日午前、式典に参加できない97歳のお年寄り宅2軒と施設を訪ね、計4人に頌状と記念品を手渡した。
 式典ではカジマヤーの18人が中山市長から頌状と記念品を手渡され、浦崎致清さん=石垣=が代表して、市長に「あやかりの盃」を授けた。浦崎さんが誰の手も借りずに一人で舞台中央まで歩き出すと、会場からは驚きの声と拍手が起こった。
 中山市長は「その豊富な知識と経験を今後とも存分に生かしていただくと共に、地域への積極的な社会参加をはじめ、生涯学習や各種活動、あるいは介護予防を通し、今後の生きがいづくりに努めていただき、本市の健康寿命をさらに延ばしていただければ」と式辞を述べた。
 小・中学校の教師を務めていた登野城のカジマヤー、黒島トシさんは「私は沖縄県女子師範学校の最後の卒業生。健康の秘訣は今、ひと月、一生、明るく前向きなこと」とはっきりした口調で答え、娘の美恵子さんは「記憶がはっきり過ぎて困る」とほほ笑んだ。
 祝宴として八重山民俗舞踊保存会島袋トキ子舞踊研究所が「鶴亀節」「豊穣」を披露、2018年度とぅばらーま大会チャンピオンの玉代勢秀尚さんが独唱した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したかりゆし病院の境田康二院長は30日、八重山合…
  2.  石垣市のかりゆし病院で起きた新型コロナウイルス院内感染の陽性者は30日現在、55人に上り、県内で発…
  3.  安定する数字と言えば「3」か。3本の脚をもつ古代中国の金属製の器「鼎(かなえ)」が浮かぶ。が、それ…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
ページ上部へ戻る