【金波銀波】大仕事を成し遂げたのに…

 大仕事を成し遂げたのに、一向に評価されない2人。トランプ米大統領と安倍首相だ◆北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が訪中し、習近平国家主席との会談で非核化実現に意欲を示した。初の米朝首脳会談開催も決まっている。日米による「最大限の圧力」が奏功し、北朝鮮がついに核放棄へ一歩踏み出したと見ていい。北朝鮮のことだから、今後の展開は予断を許さない。しかし強硬な態度を崩さなかった金委員長が、日米の連携プレーによって、実際には瀬戸際まで追い詰められていたことが明らかになった◆ところが、最大の立役者である2人に対し、メディアの評価は最初から芳しくなかった。国連で「北朝鮮を破壊する」などと発言したトランプ氏が脅迫的だとか、安倍首相の「圧力一辺倒」は限界だとか、むしろ北朝鮮に同情的な論調ばかり目立った◆北朝鮮がついに態度を軟化させても、トランプ政権は高官が次々と交代していることばかり報じられる。安倍首相に至っては、森友文書改ざん問題で一切の指示がなかったことが明らかになったあとも「疑惑は晴れない」などと追及され続けている◆一般の会社であっても、仕事が正当に評価されない組織は危うい。ましてやそれが米国と日本なのだから、国民は見る目を持つ必要がある。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄電力(本永浩之社長)と沖縄セルラー(湯淺英雄社長)は、新サービス「auでんき」に関する業務提携…
ページ上部へ戻る