観光振興目標達成へ ロードマップ改定案を議論

沖縄観光戦略実行会議が開かれ、「沖縄観光推進ロードマップ改定案」について議論した=6日、県庁

 県文化観光スポーツ部は6日、県庁で沖縄観光戦略実行会議を開き、「沖縄観光推進ロードマップ」の改定案を議論した。
 ロードマップは、観光収入1・1兆円や入域観光客数1200万人などの目標を掲げる第5次沖縄県観光振興基本計画(21年度までの10年間)の目標達成に向けた施策の工程表。毎年度見直す。
 沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長は、デジタルマーケティングの活用について「誘客を目的とした視点で取り組むべき」と提案。「食の充実・単価増」に対する具体的な施策が明記されていないとし、「観光には食が大切。沖縄観光は食が弱い」と指摘した。
 新規需要の開拓について改定案では「主に東南アジア地域、欧米豪露等リゾート需要、海外富裕層をターゲットに位置付け、誘客拡大を目指す」とされるが、委員からは「インドをはじめとする南アジアにも目を向けるべきでは」と意見が挙がった。
 那覇空港ビルディング㈱の兼島規社長は「県内の経済界で一番懸念されるのは人手不足。特に沖縄は観光で成り立っているので、県全体で重点的に取り組んでいただきたい」と求めた。
 同部の新垣健一観光政策統括監は「課題があることを認識し、部として対策を議論したい」と答えた。
 同会議の意見を踏まえたロードマップ改訂案は来月中旬、知事や両副知事、各部長らで構成する「沖縄県観光推進本部」の承認を得て決定される。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  竹富町教育委員会(仲田森和教育長)と㈱タカラトミー社は16日午後、竹富町制70周年記念事業と同社の…
ページ上部へ戻る