間違い・いたずら9割 18年の118番通報実績

 海上保安庁はこのほど、海での事件・事故の通報を受ける118番の2018年通報実績を発表した。
 昨年1年間の全管区合計の通報は43万件。このうち海難や人身事故などの有効件数は全体の約1%の5千件にとどまり、約99%が間違い電話やいたずら電話だった。
 118番運用開始の2000年には間違い電話などが80万件あったが、18年には43万件と約半数まで減少。これまでの118番周知活動によるものと見られる。
 第十一管区内(沖縄県)の昨年の118番通報の総数は6982件で、このうち、海難や人身事故などの有効件数は全体の約6・2%の434件。間違い電話やいたずら電話などが約92.5%を占め、海上保安庁では緊急時の救助要請の妨げになるので、「いたずら電話や間違い電話をせず、緊急時のみの利用を」と呼び掛けている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県離島振興協議会・県過疎地域振興協議会(外間守吉与那国町長)は4月25日、県庁に謝花喜一郎副知事を…
ページ上部へ戻る