間違い・いたずら9割 18年の118番通報実績

 海上保安庁はこのほど、海での事件・事故の通報を受ける118番の2018年通報実績を発表した。
 昨年1年間の全管区合計の通報は43万件。このうち海難や人身事故などの有効件数は全体の約1%の5千件にとどまり、約99%が間違い電話やいたずら電話だった。
 118番運用開始の2000年には間違い電話などが80万件あったが、18年には43万件と約半数まで減少。これまでの118番周知活動によるものと見られる。
 第十一管区内(沖縄県)の昨年の118番通報の総数は6982件で、このうち、海難や人身事故などの有効件数は全体の約6・2%の434件。間違い電話やいたずら電話などが約92.5%を占め、海上保安庁では緊急時の救助要請の妨げになるので、「いたずら電話や間違い電話をせず、緊急時のみの利用を」と呼び掛けている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での武漢肺炎の集団感染で防疫対策の杜撰(ずさん)さを指摘する…
  2.  「2019年度石垣市学びの基礎力育成支援事業推進協議会」(主催・石垣市)が25日午後、石垣市立図書…
  3.  観光事業者向け英会話教室「ゆる~く英会話」(主催・同実行委員会)が26日午後、大濱信泉記念館でイン…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る