EEZで違法操業、逃走した疑い 石垣海保、中国人船長を逮捕

逮捕された中国人船長が乗っていた中国漁船㊨(石垣海上保安部巡視船が撮影)

 石垣海上保安部は7日、日本の排他的経済水域(EEZ)で停船命令に応じず逃走したとして、漁業主権法違反(立ち入り検査忌避)の疑いで中国漁船の船長楊性岳(ヤン・シンユエ)容疑者(51)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は7日午前、波照間島灯台(竹富町)から南東に300㌔超離れたEEZで、巡視船の停船命令を拒否して逃げ続けた疑い。
 石垣海保によると、中国漁船は命令に応じず、約6時間にわたり逃走。巡視船3隻で挟み込んだり、放水したりして停止させた。楊容疑者を含めて10人が乗っていた。石垣海保は、漁船が日本のEEZに入り込んだ目的などを調べている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄は今も2週間前の首里城焼失の関連ニュースで持ち切りだが、東アジアは緊迫している。沖縄の将来にと…
  2.  沖縄21世紀ビジョンを総点検し、新たな沖縄振興計画に反映させる県振興審議会環境部会(宮城邦治部会長…
  3.  国際的な食品の商談会「沖縄大交易会2019」(主催・同実行委員会)が14日、宜野湾市の沖縄コンベン…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る