「米海兵隊、中国への抑止力」 「基地置く軍事的理由はない」 県民投票フォーラムで議論

県民投票フォーラムでは、安全保障だけでなく、多くの分野で登壇者が議論した=7日、沖縄タイムスホール

 県は7日、24日に実施される辺野古埋立ての賛否を問う県民投票について、有識者が議論するフォーラムを開催した。登壇者は軍事アナリストの小川和久氏や沖国大の前泊博盛教授、野添文彬准教授。フォーラムは2部構成で、辺野古埋立ての過程を登壇者が振り返った後、さまざまな点から辺野古埋め立てについて、議論した。安全保障の観点から、小川氏は沖縄の米軍部隊について、中国に対する抑止力になると発言。一方、前泊氏は日本の安全保障のために沖縄に基地を置く軍事的な理由はないと主張した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第11回沖縄国際映画祭 島ぜんぶでおーきな祭(主催・同実行委員会)が、18日からスタートした。初日…
  2.  東京大学の入学式で上野千鶴子名誉教授が語りかけた祝辞が話題になっている。日本社会に根強く残る女性差…
  3.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国国営テレビが、来年の台湾総統選で中国寄りの最大野党・国民党の有力候補の一人とされる高雄市長、韓…
ページ上部へ戻る