【金波銀波】「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」―。

 「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」―。千葉県の小学生、栗原心愛(みあ)さんが学校に提出した悲痛なアンケートだ。幼い心愛さんは自分の命を守るため、懸命に努力を尽くした◆だが、子どもの命を守るプロであるはずの教育委員会も児童相談所も、ずさんな対応に終始し、両親の虐待から心愛さんを救えなかった◆心愛さんの母は沖縄出身で、心愛さんも一時、糸満市に住んでいたことがあり、今回の虐待死事件は県民にも無関係ではない。県内でも依然として児童虐待が後を絶たない。貧困や学力低迷問題など、沖縄の子どもを巡る状況は厳しい◆観光以外に目立った産業を持たない沖縄にとって、人材は最大の資源。だが多くの優秀な若者が学校を卒業後、首都圏に旅立ってしまう。豊かな自然に憧れて沖縄に移住する人も多いが、全国から「子育てしやすい県」として認知されるくらいにならなければ、人材流出は止まらない◆沖縄でも「地域全体で子育てする」という感覚はかつてなく弱まっている。外で楽しく遊ぶ子どもたちの姿も、昔に比べて見かける機会が少なくなった気がする。子どものSОSを敏感に受信できるアンテナを大人が常に立てていなければ、悲劇の連鎖は絶ち切れない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…
ページ上部へ戻る