【金波銀波】「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」―。

 「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」―。千葉県の小学生、栗原心愛(みあ)さんが学校に提出した悲痛なアンケートだ。幼い心愛さんは自分の命を守るため、懸命に努力を尽くした◆だが、子どもの命を守るプロであるはずの教育委員会も児童相談所も、ずさんな対応に終始し、両親の虐待から心愛さんを救えなかった◆心愛さんの母は沖縄出身で、心愛さんも一時、糸満市に住んでいたことがあり、今回の虐待死事件は県民にも無関係ではない。県内でも依然として児童虐待が後を絶たない。貧困や学力低迷問題など、沖縄の子どもを巡る状況は厳しい◆観光以外に目立った産業を持たない沖縄にとって、人材は最大の資源。だが多くの優秀な若者が学校を卒業後、首都圏に旅立ってしまう。豊かな自然に憧れて沖縄に移住する人も多いが、全国から「子育てしやすい県」として認知されるくらいにならなければ、人材流出は止まらない◆沖縄でも「地域全体で子育てする」という感覚はかつてなく弱まっている。外で楽しく遊ぶ子どもたちの姿も、昔に比べて見かける機会が少なくなった気がする。子どものSОSを敏感に受信できるアンテナを大人が常に立てていなければ、悲劇の連鎖は絶ち切れない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県離島振興市町村議会議長会(新田長男会長)は14日、那覇市の自治会館で第10回定期総会を開き、日本…
  2.  18日から開始される2018年分の所得税などの確定申告期に向けた電子申告(e―Tax)の利用拡大の…
  3.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は、投票率がどこまで伸びるかが一つのポイ…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  来年2月24日の「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」に対し、宮古島市議会が1…
ページ上部へ戻る