中城湾港の活用 議論 沖縄国際物流戦略チームが会合 拠点化へ課題も

会合では、中城湾と那覇港の区別化を求め、利用増に期待する声があった。ただ、大型クルーズ船の寄港増や県全体の交通渋滞の悪化など、課題も浮き彫りになった=7日、沖縄総合事務局

 県内の経済や物流、行政の各関係者が集まり、沖縄の国際物流戦略について議論する第14回沖縄国際物流戦略チームの本会合が7日、那覇合同庁舎で開かれた。中城湾港の活用について、県やうるま市、総合事務局の各部局が取り組み状況を報告した。大型クルーズ船の寄港が増加したことなどから那覇港が手狭になっているとの指摘があり、中城湾を物流の拠点にすべきとの意見があった。

 意見交換では、参加団体から県や総合事務局に質問や要望が相次いだ。中城港新港地区の東ふ頭の夜間照明がなく危険だという意見や、物流港として活用していた中で、大型クルーズ船も寄港するようになり、対策を検討すべきとの意見が出た。県は、予算措置の検討や港湾計画を改定し対応すると答弁した。
 県は、中城湾と京阪地域を結ぶ航路実証実験を2017年から行っており、沖縄に中古車の潜在需要があると分析しているという。本土から大型車両運搬船を同港に接岸させ、一度に多くの車両を運搬する計画があると紹介した。軽自動車メーカー2社が相次いで同地区に拠点を設ける。
 また那覇空港の第二滑走路が完成するため、さらなる交通渋滞が近隣で発生するとの懸念の声があり、総合事務局の担当者からは「県全体の交通ネットワークについて、改めて検討がいる」と答弁した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備をめぐり、下地幹郎衆院議員(日本維新の会)はツイッターで、住民投票に反対す…
ページ上部へ戻る