日本一になって恩返し ロッテ一軍キャンプ打ち上げ 鈴木選手会長が決意

腕相撲対決をした、藤原選手と石川市議=11日午後、石垣市中央運動公園屋内練習場

 千葉ロッテマリーンズは11日、1軍キャンプを打ち上げた。選手は雨の影響で石垣市中央運動公園屋内練習場で午前9時からウオーミングアップを開始、打撃練習などを行った後、午後零時半ごろ、鈴木大地選手会長の音頭で一本締めを行った。
 鈴木選手は「中身の濃いキャンプを送ることができた。明日から(石垣に)残る選手と離れる選手で分かれるが、これからシーズンに入る上で1試合も多く勝つこと、そして日本一になることがこのキャンプを手伝ってくれた方々への恩返しだと思う」と強調。「これから先厳しいことがあるとは思うがチームの向いている方向は一つ、勝つことだけを考えて頑張っていこう」と思いを語った。
 1軍は同日午後の便で沖縄本島に空路移動した。2軍は21日まで。
 また打ち上げ後に特別ゲストとして、アームレスリング元日本一で石垣市議の石川勇作氏が登場。ドラフト1位の藤原恭大選手と腕相撲対決を行った。
 石川氏は余裕の表情で藤原選手を圧倒。藤原選手は悔しい表情を浮かべたながらも「石垣島キャンプの時は、毎年(石川氏に)挑戦したい」と笑顔。キャンプを振り返り、「盗塁のスタートが成長した。(打撃では)全く打てなかったので自分の力をもっとつけないといけないと感じた」と述べた。これからの目標として、「フルスイングでヒットを打てるようにしていきたい」と決意した。
 石川氏は「藤原選手は腕相撲でも瞬発力とスピードがすごい」とし、「(藤原選手は)石垣島の子どもたちの星なので、これからも頑張ってほしい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での武漢肺炎の集団感染で防疫対策の杜撰(ずさん)さを指摘する…
  2.  「2019年度石垣市学びの基礎力育成支援事業推進協議会」(主催・石垣市)が25日午後、石垣市立図書…
  3.  観光事業者向け英会話教室「ゆる~く英会話」(主催・同実行委員会)が26日午後、大濱信泉記念館でイン…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国共産党・政府の暴力的な体質を、世界にまざまざと示した事件だった。  中国当局が学生らの民主化…
ページ上部へ戻る