西桟橋から南十字星がくっきり 「竹富島の夜は、魅力がいっぱい」

コンドイビーチの上に南十字星がくっきり。南十字星が沈むと天の川が昇り、海面に映りこんだ=9日早朝、西桟橋から(川口ひろしさん撮影)

 長野県在住の会社員、川口ひろしさん(51)が9日午前4時すぎ、竹富島の西桟橋で南十字星の撮影に成功した。川口さんによると「夜明け前、西桟橋に座るとちょうど雲もなく、コンドイビーチの上に南十字星がきれいに見えました。南十字星が沈んだ後に天の川が昇り、うっすらとベタ凪の海面に天の川が映りこみました。夢のような時間でした」と当時の状況を興奮ぎみに話した。
 竹富島が大好きで毎年長野県から写真を撮りに通っている川口さんは、自分のことを「まるでアサギマダラみたいでしょう」と笑う。「最終便後のゆったり感や民宿に泊まってのふれあいなど、竹富島の夜は、魅力にあふれている。開発によって島の宝が壊れないことを願っている」と話し、これからも島に泊まりたくなるような写真を撮り続けたいと願った。
      (隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルス感染拡大で遠のいた客足を取り戻そうと、石垣市の複数の飲食店が「半額セール」を打ち…
  2.  JAおきなわ八重山地区水稲生産部会(黒島良雄部会長)が4日、石垣市に新米の石垣島産ひとめぼれ30㌔…
  3.  JAおきなわ(普天間朝重代表理事)が5月29日から実施しているJA石垣牛への支援を募る購買型のクラ…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る