「中国軍の近代化早まる」 杉浦氏、対外拡張に警鐘

統合作戦による対外拡張へ警鐘を鳴らす杉浦康之氏=11日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

 八重山防衛協会などが主催する「防衛講話」が、建国記念の日を迎えた11日夜、石垣市内ホテルで開かれ、防衛省防衛研究所の中国研究室主任研究官・杉浦康之氏が「中国人民解放軍とはどのような軍隊か―中国政治における役割と近代化の模索」をテーマに講演した。杉浦氏は、習近平国家主席が進める軍改革とその方向性について説明。今後、日本周辺での海空軍の合同訓練の動きを注視するよう訴え、統合作戦による対外拡張への警鐘を鳴らした。
 講演では冒頭、「中国の軍隊は国の軍ではなく、党の軍隊だ」と述べ、中国軍の役割を「中国共産党独裁体制を守ること」と強調した。
 2015年末の軍改革の内容では「装備品開発における軍民協力の促進」について、中国民間企業に日本企業が投資した場合でも、日本からの技術が軍に流出する危険性を訴えた。
 また、「七大軍区」を撤廃し「五大戦区」を設置したが、軍事行政と作戦の両方を担っていた「軍区」と異なり、「戦区」は作戦計画に特化していると報告。意図として▽習近平の軍掌握の強化▽陸海空軍、ロケット軍の統合作戦体制の強化―などを挙げた。「中国は海洋進出を目指している。統合作戦体制の強化は外に出て行くことを意味する」と指摘した。
 今後の軍の行方として、「国防と軍隊建設の近代化を基本的に実現する」との目標を以前は今世紀半ころまでとしていたが、35年に変更した点に注目。「15年の短縮は、軍の近代化が早くなっているということ。さらに50年には米国に対抗できる軍隊にすることを目標としているが、これはかなりの確率で可能だ」と述べた。
 さらに陸海空軍による伝統的安全保障に加え、「サイバー」や「宇宙」を含めた新型安全保障強化への動きを危惧した。
 日本周辺での軍の活動が活発化していることを踏まえ、「軍が目指すのは陸海空軍、ロケット軍の統合作戦。海空軍が協力した訓練が減ることはない。特に中国にとって沖縄は重要な地域だ」と訴えた。
 講演後、八重山防衛協会の三木巖会長が謝意を述べ、八重山自衛隊家族会(上地和浩会長)、自衛隊隊友会八重山支部(蔵盛永秀部長)との「合同新年祝賀会」も行われた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で、政府が埋め立て土砂の投入を14日に開始したことを受け、県議会…
ページ上部へ戻る