福岡から初の石垣合宿 東京五輪へ選手輩出を アーチェリー競技

初の石垣島合宿を開始した福岡アーチェリーアカデミーの(手前から)前田さん、矢原さん、野田さん、小林さん=12日午後、サッカーパークあかんま

 福岡県からオリンピック選手を輩出すべく、発足した福岡アーチェリーアカデミーが11日からサッカーパークあかんまで合宿をスタートさせた。アーチェリー競技の合宿で福岡県からの来島は今回が初。合宿は15日まで行われる。
 同アカデミーは2020年の東京オリンピックに向けた選手育成のために、福岡県が日本スポーツ振興センターからの委託で開始。現在は中・高・大学と社会人から福岡県出身の全国レベル選手が約20人所属しており、福岡県アーチェリー協会(中島克哉理事長)と福岡県教育庁体育スポーツ健康課職員らが指導者として派遣されている。今回は同アカデミーの4選手が合宿に参加した。
 初の石垣合宿について同協会の中島理事長(53)は、「気候といい、建物といい、最高の環境。強豪韓国での合宿も考えていたが、予算が許せば、来年も石垣島で身体を作っていきたい」と述べた。
 3月に9回目の石垣島合宿を行う日本体育大学学友会アーチェリー部の藤本浩総監督(50)が、日体大時代の先輩である中島理事長に石垣島での合宿を猛烈に勧め、今回の合宿につながった。
 合宿は日本代表選手など国内のトップ選手が数多く所属する同部の藤本総監督から指導を受け、世界で活躍するためのスキルの向上を図ることが目的。東京オリピックの選考会は6月から開始される。
 室内で行うインドアの元日本記録保持者・前田悠帆さん(25)=グローリー㈱=は「オリンピック出場への可能性はゼロではない。勝負は次の選考会」と意気込んだ。
 今年度のインターハイで個人3位に輝いた野田紗月さん(18)=折尾高校3年=は「まずはナショナルチームに入って、そこからどんどん追い上げていく」と力強く答えた。
 昨年度のU―17のメンバーだった矢原七海さん(17)=柏陵高校3年=は、「来年から大学生。1年生から成績を残し、ナショナルチームに入りたい」、一昨年度のU―20メンバー・小林加奈さん(22)=長崎国際大学4年=は「負けず嫌いなので、出られる試合では勝ちたい」と答えた。
 藤本総監督は「ここ石垣で九州大会などの公式試合を行い、ゆくゆくは全日本の大会を行いたい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県離島振興市町村議会議長会(新田長男会長)は14日、那覇市の自治会館で第10回定期総会を開き、日本…
  2.  18日から開始される2018年分の所得税などの確定申告期に向けた電子申告(e―Tax)の利用拡大の…
  3.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は、投票率がどこまで伸びるかが一つのポイ…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る